スポンサーサイト
カテゴリ: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
編集 / --.--.-- / コメント: - / トラックバック: - / PageTop↑
マイホーム近し
カテゴリ: 未分類
先週の土曜日に再びリアルターと家を見に行って来ました。今回見に行ったのは、古めの家で修理も色々必要で、狭めの家ですが、かわいらしいし、地域的にはいい地区にある家です。今まで、いい地区にあるオンボロ家か、悪い地区にあるまあまあの家か、って言うものばかりだったので、今回の家は私たちにとってはちょうどいい物件。

リアルターと相談して、修理も必要だから3万ドル低くオファーを出しました。次の日に出たカウンターオファー(売り手のオファー)は2万ドルのみの引き下げ。それでも、その地区でこの値段で家が買えるのなら、という事で第一交渉成立。

第二ステップとして、家のインスペクション(検査)。火曜日にインスペクターにその家に来てもらって家の検査を行いました。土台、壁、屋根、屋根裏、配線、等など、中から外からすべて検査します。検査の結果屋根の葺き替えが必要な事が発覚。他にも色々修理が必要なものが見つかったので、更に1万ドルの値下げを要求。

そして、今日売り手がこちらのすべての要求をのむ事を承諾したので、値段的な契約成立です!これから銀行から不動産鑑定士をその物件に送ってもらい鑑定し、最終的なローンの手続きに入ります。鑑定価格が物件の販売価格の9割以上であれば、問題なくローンが借りれるはずです。

明日から夫は海外出張で10日程いなくなるので、この間に鑑定を済ませて出張から帰って来たら契約書にサインして6月の終わりには最終契約が成立する予定です!庭でちょっとしたガーデニングも出来るし、家の修理とかで忙しいでしょうが、思ったよりも安く購入できそうなので、これからどれだけ価値が上がってくれるかが楽しみです!この夏は忙しくなりそうだなー。ローンの契約が上手くいけばの話ですけどね。





スポンサーサイト
編集 / 2008.05.29 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
シルク・ドゥ・ソレイユ
カテゴリ: 未分類


夫の誕生日にシルク・ドゥ・ソレイユの「コーテオ」のチケットをあげました。と、言っても、自分が行きたかっただけなんですけどね。シアトルにシルク・ドゥ・ソレイユの公演が来る度に行きたいな、と思っていたんですが、毎回機会を逃していたので、誕生日にかこつけて行って来ました。

感想は一言。「すばらしい!」

こんなに興奮したショーはもう何十年も見た事がなかったと言っても過言ではありません。サーカス、と一言でくくれるものではなく、芸術的にも素晴らしいものでした。舞台設定や照明もショーを充分盛り上げてくれましたし、なんといってもパフォーマー達の肉体の美と言うか、人間の体でありながらそこまで、出来るのか!という感激を覚えます。

日本でもシルク・ドゥ・ソレイユの「ドラリオン」が公演されているようですね。残るは福岡公演のみのようですが、来年にでも機会があればぜひ行ってみてください。

ところで、私ずっとシルク・ドゥ・ソレイユってフランスのサーカス団だと思っていたんですが、カナダのモントリオールのものだったんですね。
編集 / 2008.05.26 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
突然夏
カテゴリ: 未分類
いきなり夏です。

肌寒い日が続いていたのが、昨日から突然30度近い陽気。夏に慣れていないシアトル人達はここぞとばかりに夏の服で朝から出勤。昼過ぎぐらいから暖かくなるという天気予報だったんですが、朝の出勤のバスの中には鳥肌立てながらサマードレスを着ている女の人が結構いました。まあ、夏用の服を着れる機会もそんなに無いので、チャンスを逃したくないんでしょうね。

昨日に続いて今日もいい天気。シアトルの気候に体が慣れてしまったのか、暑いと軽い頭痛にここ数年見舞われるようになってしまいました。徐々に暖かくなってくれればいいんですが、急だったのでやっぱり頭痛。ひどい物ではないので、頭痛薬を飲めば治まるのでいいんですけどね。うちのまいちゃんも暑さでぼけーっとしてました。

今日は近所の海岸に行ってバーベキューディナーをする予定です。今度はいつ暖かくなるのか分からないので夏を楽しめる間に楽しまないと。


編集 / 2008.05.17 / コメント: 2 / トラックバック: 0 / PageTop↑
家探しは疲れます
カテゴリ: アメリカ生活
まあ、懲りずに家を探している訳ですが、どうやらるうくんの地元のインディアナではあまり貸家となるいい物件が今の所無いようで、シアトルで住む家を今はもっぱら探しています。

一つ良さそうな家を見つけたのですが、リアルターに連絡を取ると、その物件は差し押さえ間際の「ショートセール」と言われる物件だと言う事が分かりました。ショートセールの場合、市場価格よりもかなり安く値段が付けられています。道理で、場所もいいし、眺めもいいし、家もまあまあなのに、私たちの予算以内だったので珍しいなあと思っていた所でした。しかし、やはりその地域としてはかなり安いので、やはり他の買い手も目を付けている訳です。

リアルターによるともう既にその家にはオファーが出されているようで、価格故に他の人との競争となる確率が高いとの事。もちろん、高い値段のオファーが出せればいいんですが、予算内におさめないと後々苦しむのは分かってるので、予算内のオファーを出してそれが受け入れられなかったらあきらめようと言う事になりました。まあ、多分、他にもっと高くオファーを出す人がいるでしょうから、残念ですがここは無理そう。

最近はリアルターが色々探してくれるので、ほぼ毎日のように家を見に行ったり、ドタバタ。結局まだ気に入った場所は見つかっていません。家が良くても地域の治安が悪かったり、治安は良くても家がボロすぎたり・・・精神的に疲れる作業です。インディアナの投資物件が見つかればそれが一番簡単なんですけどね・・・
編集 / 2008.05.09 / コメント: 1 / トラックバック: 0 / PageTop↑
人の目を見て話しなさい
カテゴリ: 未分類
人の目を見て話しなさい、とは小さい頃から言われている事だと思いますが、いつになっても出来ない人っているんですよね。アイコンタクトは人間関係にとって、かなり大切なコミュニケーションの一つだと思います。

先日住宅ローンの担当の人と話をする為にとある銀行に行って来たんですが、その担当の男性が1時間程の会話の9割はるうくん(夫)を見て話すんです。私が質問しても、答えは夫の目を見ながら。なんだかいやな感じ。銀行を出てから、その事をるうくんに話すと、彼も気づいていたようだったので、かなり顕著だったのでしょう。アメリカ人に限った事は無いとは思うんですが、やっぱり、男性は男性に向かって、女性は女性に向かって話をしてしまうのかもしれませんね。夫も女性と話をする時に、逆に他の女性の目は見るけれども男性に対してアイコンタクトを取らない人がいたそうです。

私の職場の学校で去年、新たに教員を採用する為に面接をした時の話で、男性の応募者の一人が男性一人と女性二人の職員相手に面接をしたのですが、男性とのアイコンタクトはあっても、女性達とのアイコンタクトは無かったそうです。その結果もちろん不採用。アイコンタクトを女性に対してしなかった為です。能力とか経験について議論する前に面接をした女性二人の結果報告で即不採用。

目で殺す事も出来るのであれば、目で救う事も出来るはず。アイコンタクトの大切さをひしひしと感じた日でした。
編集 / 2008.05.03 / コメント: 3 / トラックバック: 0 / PageTop↑
プロフィール

Papaya

Author:Papaya
曇り空の街へようこそ。

最近のトラックバック
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。